メニュー

大腸の病気(大腸炎・大腸がん・大腸ポリープなど)

大腸大腸(盲腸、結腸、直腸)の病気には、大腸ポリープ、大腸がん、大腸炎などがあります。最近では、過敏性腸症候群も注目されています。

 

 

大腸ポリープ

大腸ポリープとは

大腸ポリープは大腸にできる、大きさも1mm~数cm程度の隆起性の病変です。いろいろな形がありますが、腫瘍性の腺腫が最も多いとされています。

大腸ポリープの症状

大腸ポリープはほとんど症状がありません。大腸ポリープが大きくなってくると、便に血が混じる(血便)、便に血液が付着する(下血)ことがあります。

大腸ポリープの診断

大腸ポリープの診断は大腸内視鏡検査によって行います。また、大腸がんとの鑑別のため、大腸の組織を生検して病理学的検査を行うこともあります。

大腸ポリープの治療

大腸ポリープのは腺腫疑いであれば切除します。内視鏡で観察しながら大腸ポリープを切除するポリペクトミーを行います。大腸ポリープが大きい場合には、大腸の粘膜を切除する内視鏡的粘膜切除術(EMR)が行われます。

 

 

大腸炎

大腸に炎症を生じる病気で、潰瘍性大腸炎やクローン病、ベーチェット病など、さらに様々な病気に分類されます。潰瘍性大腸炎やクローン病は、免疫に潰瘍・炎症等ができる病気で、特に、潰瘍性大腸炎は大腸がんを併発していることも多くあります。

自覚症状としては、血便や下痢によるものが多く、重症化すると発熱や体重減少、腹痛を伴うことがあります。放置することで、腸閉そくなどの合併症を起こす場合がありますので、上記の症状が出た場合は、早めに当院へご相談ください。

大腸がん

大腸がんは、日本でもがん疾患の割合が高く、死亡率も高くなっています。

早期の場合は自覚症状が無い場合が多く、健康診断等で発見されるケースが多くあります。早期の発見であれば、内視鏡などで除去することが出来ます。

やはり、定期的な健診を受けることで、早期発見することが重要になりますので、是非当院にご相談ください。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、大腸に潰瘍や炎症などの目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘や下腹部の張りの症状が起こる病気です。

ストレスやアルコールの摂取過多、生活の乱れによっておこると言われています。

治療については、上記の要因を改善することが基本となります。また、症状に応じて薬物による治療についても併せて行う場合がありますので、先ずは当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME