メニュー

肝臓の病気(肝炎・肝臓がんなど)

肝臓肝臓の病気は、肝炎、肝硬変、肝臓がん等があります。糖分や脂質の取り過ぎ、アルコールの過剰摂取、ウイルスの侵入などで、肝臓に異常をきたすために起こる病気が多くあります。

当院では肝炎から肝硬変、肝臓がんの治療まで経験のある肝臓専門医が在籍(非常勤)しております。お気軽にご相談ください。

脂肪肝

脂肪肝とは

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積した状態で、メタボリックシンドロームなどに合併しやすいとされています。これは摂取したエネルギーが消費するエネルギーを上回ると、余分なエネルギーがグリコーゲンや中性脂肪となるためです。この中性脂肪が肝臓にも蓄積され、肝細胞の30%以上になると脂肪肝と診断されます。

脂肪肝の原因

脂肪肝の原因はアルコール性と非アルコール性に大別されます。また、非アルコール性脂肪肝の原因は、肥満や糖尿病、脂質異常症などが挙げられます。これらの原因は重複することも多いです。

脂肪肝の症状

脂肪肝の初期はほとんど症状はありません。脂肪肝があるとやがて肝炎を引き起こし、肝硬変へと進行することもあります。肝炎や肝硬変になると、発熱や黄疸など様々な症状を訴えるようになります。

脂肪肝の検査と診断

脂肪肝の検査は血液検査や画像検査(腹部エコー検査や腹部CT検査など)を行います。また、肝臓に針を刺して組織を採取する検査(肝生検)を行い、組織学的に診断を行う施設もあります。

脂肪肝の治療

脂肪肝の治療では原因となる生活習慣の改善を行うことが重要です。飲酒が原因であればアルコールを控え、肥満が原因であればまず食事療法や運動療法を行います。このような生活習慣の改善のみで効果が不十分であれば薬物療法を行い、肝炎や肝硬変となれば各疾患に準じた治療を行います。

肝炎

肝炎とは

肝炎は、肝臓に炎症がおこり、発熱や黄疸、全身の倦怠感等の症状をきたす病気です。

日本では約8割の肝炎がウイルス性と言われています。感染経路については、経口感染、血液感染、性行為感染等様々で、ウイルスの型(A型、B型、C型、E型)によって主なルートに違いがあります。

肝炎が重症化すると、肝硬変や肝臓がんといった深刻な症状になる場合があります。早めの検査による治療で、治療することができますので、当院にご相談ください。

B型肝炎とは
C型肝炎とは

肝硬変

肝硬変とは

肝硬変はB型やC型肝炎ウイルス感染、アルコール、非アルコール性脂肪性肝炎などが原因となり肝臓に炎症が生じます。その炎症を修復するときに線維が増加し、その線維が肝臓全体に及んだ状態を肝硬変と言います。

肝硬変の症状

肝硬変では肝機能が低下します。肝機能低下のために皮膚が黄色くなったり(黄疸)、肝性脳症などを生じたりすることもあります。その他にも、腹水や食道静脈瘤などを生じ、お腹が膨れた感じ(腹部膨満感)がしたり、吐血や血便を認めることもあります。

肝硬変の検査と診断

肝硬変の診断のためには血液検査と画像検査を行います。血液検査では肝酵素の上昇や肝臓で作られるアルブミン値や血小板数の低下などを測定します。一方で、画像検査では腹部エコー検査やCT検査など比較的簡便な画像検査にて、肝臓の表面に凹凸があるかどうかを判断します。

肝硬変の治療

肝硬変の原因が分かれば、まずはその原因に対する加療を行います。また、肝硬変では分岐鎖アミノ酸が不足しているため、これを薬として補充して肝臓のタンパク質合成能を改善します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME