メニュー

胃・十二指腸の病気(胃潰瘍・胃がんなど)

胃や十二指腸(胃と小腸を繋ぐ消化管)の病気で多いのは、胃酸やピロリ菌等によって粘膜が傷つけられて起こる胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。その他に、胃がん・十二指腸がんなどがあります。

胃潰瘍

胃潰瘍とは

様々な原因により、胃の組織が潰瘍になった状態を胃潰瘍と言います。この胃・十二指腸潰瘍は年齢によって発症率に差があり、若い人は十二指腸潰瘍を発症することが多く、中年以降は胃潰瘍を発症することが多くなります。

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因の過半数がヘリコバクター・ピロリ菌が原因とされています。しかし、現在では衛生環境が改善とピロリ除菌の治療の普及のため、ピロリ菌を原因とする胃潰瘍の頻度は減少してきています。また、ピロリ菌以外に多い原因として、ロキソニンなどの非ステロイド系消炎鎮痛剤があります。非ステロイド系消炎鎮痛剤はプロスタグランジンという胃粘膜の防御因子の産生を抑制します。この非ステロイド系消炎鎮痛剤を長期間内服していると、胃粘膜の防御能が下がり、胃潰瘍になってしまいます。

胃潰瘍の症状
胃潰瘍の自覚症状で最も多いのが、みぞおちの痛みです。この痛みは食事中から食後に起こることが多いとされています。その他にも、胃もたれ、胸焼け、吐き気、嘔吐、食欲不振などを訴えることもあります。自覚症状を認めない患者さんもいます。胃潰瘍が進行すると、その潰瘍部分から出血することがあります。特に、胃潰瘍の出血はタール便という黒い便が出るのが特徴的です。
胃潰瘍の検査と診断

上述の症状があれば胃潰瘍を疑い、胃カメラによる上部消化管内視鏡検査やバリウムを用いた上部消化管造影検査を行います。また、鑑別疾患を除外する目的で、採血や腹部レントゲン、腹部超音波検査などを行う場合もあります。上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)では、胃潰瘍の状態や出血の有無などを観察します。また、潰瘍部位から出血していればその場で止血したり、悪性疾患などが疑われる場合に組織を取って調べたりすることもあります。上部消化管造影検査では、潰瘍の大きさや潰瘍の周りの粘膜の様子などを観察します。バリウムを服用し、体の向きを変えながらレントゲン撮影を行います。

胃潰瘍の治療

非ステロイド系消炎鎮痛剤やピロリ菌の感染など悪化させる原因がある場合は、それぞれ内服薬の変更や中止、ピロリ菌除菌を行います。また、胃酸による粘膜組織障害を抑えるため、胃酸分泌を抑制する薬を内服します。具体的には、H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬を用います。この他にも胃粘膜の防御因子を増強したり、胃の運動を活性化したりする薬を用いることもあります。

胃酸やピロリ菌、食物、薬物、飲酒、喫煙等で胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて起こる病気です。

症状として、胃の痛みや胸やけ、膨満感等があります。内視鏡や消化管造影検査等で検査をして病気が確認されたら、薬物などによる治療を行います。

胃がん

胃にできるがんを指します。アジア圏では、とくに胃がんの発生率が高いと言われています。また、初期の自覚症状がほとんどないため、初期での発見は難しいと言われています。進行してくると、腹痛、吐き気、食欲減退、嘔吐の症状が現れます。

胃がんはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。

内視鏡検査や消化管造影検査等で検査し、治療します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME